7月からプーケットを訪れる外国人訪問者のための検疫なしの計画

検疫計画プーケット
プーケットの感染症委員会のメンバーは水曜日に会合し、7月1日以降、検疫なしで南の島の州を外国人訪問者に開放する計画を承認しました。 (写真:Achadtaya Chuenniran)

プーケット:外国人訪問者は、7月1日から検疫なしでプーケットへの入国が許可され、州当局によって承認された計画に基づいて、それまでに100万回近くのCovid-19ワクチンが地元住民に提供されます。

ピシェ・パナポン副知事は、感染症委員会が水曜日に提案を承認したと述べた。

「プーケットは89日間、新しいCovid-19の症例がありませんでした…ここでは、経済と観光セクターを刺激するために、外国人観光客が緊急に必要とされています」と彼は言いました。

「以前は、地元住民は平均して月に約40,000バーツを稼いでいました。 2月にこれは約8,000バーツに落ちました。何の変化もなければ、これは7月に1,964バーツに下がり、貧困ラインを下回ります。」

ピシェ氏によると、プーケットには約600のホテルに12万の部屋があります。調査によると、プーケットが検疫なしで再開された場合、外国人はプーケットを訪問したいと考えています。

  • 男は妻の喉を切り、池に捨てたことを認める–警察
  • 権利団体は抗議行動で暴力を非難する
  • 夜の出会いで漁船が突っ込み、乗組員が怪我をした

彼は、副首相のSupattanapong Punmeechaowが、7月1日に外国人訪問者に再開するようプーケットに以前に指示したと述べた。

プーケットの保健当局は、7月1日までに地元住民のために93万回分のCovid-19ワクチンを接種する予定であり、外国人訪問者の動きは電話アプリで追跡されるとピシェ氏は述べた。

ソース: バンコクポスト